スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「月は出ているか?」HGAW 1/144 ガンダムX

久しぶりの更新です。うーん色々と忙しかった割には成果が出てないという情け無い状態ですが…。
もう割り切って積みプラ消化に努めますかね!。も、もちろん就活もやるよ!。

さて、今回紹介するのはHGAWガンダムXです。まさかのガンダムX商品リメイク化なのですが、昔1/100シリーズを全部作った人としてはガンプラの進化を感じて楽しいキットでした。
旧キットは1/144も商品化されていましたが、1/100のギミックをほぼ再現しつつ、色分けは1/100以上にされているので1/100との比較っぽく紹介したいと思います。

ガンダムX1






小さい画像はサムネイルクリックで大きい画像が表示されます。

ガンダムX2

思えばかなり久しぶりのガンプラ紹介になるような…。
製作方法はフロントスカート分割とかアンテナのゲートをカットして、部分塗装&スミ入れ、最後につや消しコートです。

・頭部アップ
ガンダムX3
1/100キットでも色分けでは頑張っていた部分ですが、1/144でここまでシャープに再現されているのに嬉しいやら時の流れを感じるやら。アンテナ類のグリーンは全て付属のシールを使いました。メッキグリーンを表現するという点では一番効率良い方法だと思います。写真映えもしますし。

ガンダムX4
ビームライフルのスコープ部は付属シールの余った部分を切って貼ってます。ちょっと分かり難いかな?。1/100のみ付属していたショルダーバルカンも付いて展開ギミックも再現されています。

・大型ビームソード&シールドバスターライフル
ガンダムX5
大型ビームソードはサテライトキャノンのパーツがグリップとなっています。シールドバスターライフルは変形機構はオミットで2形態用意されています。1/100ではちゃんと変形できたんですけどね。

・サテライトキャノン
ガンダムX6
Xと言えばサテライトキャノン&リフレクターです。当時は「ガンダムが波動砲かよ?」みたいな感じで見ていましたが、威力が強過ぎる為に色々設定的に制限を加えたり後のダブルXの発展とか考えると画期的なアイディアでした。
1/100ではメッキパーツでリフレクターを再現していましたがHGAWでは新技術のホログラム?シールで再現。実際見てみると凄い綺麗でメッキより断然良いです!。ちなみに胸のクリアパーツの中にも使われていて効果的です。

ガンダムX7
リフレクターの変形は残念ながら一部差し替えが必要です。1/100では完全再現されてたと思いましたが、アレもアレで結構すぐフニャフニャになってたと思いましたのでこちらの方が正解かも。

ガンダムX8
リフレクターのアップです。このシールは良過ぎます。是非他のキットにも活かしてほしい。ダブルXとかダブルXとかダブルXとか。

・ホバーリングモード
ガンダムX9

ガンダムX10
ホバーリングモードも再現可能。適当に使ったfigma台座が役に立ちましたw。ホバーリング時のリフレクターの変形は差し替え無しで出来ます。

・RGガンダムと比較
ガンダムX11
話題のRGガンダムと比較。G、W、Xに関してはファーストより若干小さい設計なんですよね。Vはもっと小さいのですが。

こんな感じのHGAWガンダムXでした。やっぱりこの辺りのガンダム(V、G、W、X)はどれも好きな作品かつ好きなガンダムなので結構熱中して作れました。基本HGUCなので製作も簡単ですね。
今の傾向だと中々後半のパワーアップ機が発売されないので何とかウイング0(TV版)、ダブルX、ついでにライバル機のエピオンとかヴァサーゴも頑張って出して欲しいんですけどねぇ。トールギスは待ってても出そうな気はしますが…。

最後に昔のHPで紹介したHG1/100ガンダムXです。色々と見苦しい点はあると思いますが、ガンダムX 1/100シリーズをレビューした時が一番テンション高かった時期だと思います。シリーズを全部作り終えて色々と感想を頂けた事は非常に嬉しかったですし、プラモ作りの大きなレベルアップにも繋がったレビューで色々と思い出深いです。「妄想ストーリー」は恥ずかしすぎて見る気にもなれませんがw。

こちらからどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。