アルター フェイト・テスタロッサ -PHANTOM MINDS-

久しぶり?なのかなフィギュアレビューです。

アルターよりまたまた化物(大きさ的に)フィギュアが発売されました。
なのはも場所を取りましたが2体並べると相当大変でしょうね。

では画像中心ですがどうぞ~。

フェイト3





・顔アップ
フェイト1

同シリーズのなのはと同じ爪塚氏の造形なので顔は若干癖があります。けど、なのはに比べるとかなりマイルドになって個人的には理想的かなぁと。

・全体を色々と
フェイト2
バルディッシュのサイズフォームを選んで刃を立てると見事に背景紙をオーバーするので俯瞰で撮ってます。

フェイト4

フェイト5

フェイト6

フェイト7

フェイト9

・多分多くの人が気になる所とか
フェイト10

フェイト11

・グレイブフォーム
フェイト12

フェイト13

フェイト14

フェイト15
腕、手首、武器パーツを替えてグレイブフォーム装備形態も再現できます。こちらもなかなかカッコイイ。

バルディッシュのディスプレイ
フェイト16
別の台座パーツを使ってバルディッシュのディスプレイも可能。アックスフォームはエフェクトパーツが付いた物と2つあるのでエフェクト付きアックスフォームを装備しながらディスプレイという事も出来てしまいます。

・こんなに大きいんですよ
フェイト17
問題なのが置き場所ですが、
最低限必要な高さが32.5cm(マントの一番上まで)、
奥行きが画像のような持たせ方で26cm
(アックスフォームの刃を倒して、柄の一番先まで持たせて角度を一番短くなるように合わせて)、
幅が28cm(マントの端から端まで)、
とかなりマントのせいで場所を取ることが分かりますので、これでも置き場所無い人は頑張ってマントを外してみるのも良いかもしれません。(それじゃ意味が無い気も…)
マントはデフォルトでは外せないようなので自己責任でお願いします。高さが足りないなら軸を自作する方法も良いと思いますね。このまま飾るなら画像のように下のスペースを有効活用するのもスペース貧乏ならではの手かと。

場所は取るけどやっぱり手に取ってみると邪魔と言いつつ特にマントなど凄さが分かります。アルターのフェイトという以前の名作の看板を変えてしまいましたね。



魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ -PHANTOM MINDS- (1/7 PVC塗装済み完成品)魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ -PHANTOM MINDS- (1/7 PVC塗装済み完成品)
(2011/01/25)
アルター

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック