スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リリカルなのは The MOVIE 1st actsta 高町なのは

積んである未開封フィギュアの開封やPhotoshop Elements9の新機能を試して見つつ、フィギュアレビューちょこちょこ頑張って行きます。

actstaリリカルなのは The MOVIE 1stより高町なのはです。
可動物ですと既にfigmaが発売されますので、どう差別化されてるのかが興味あるんですけどその辺りも含め紹介したいと思います。ではどうぞ~。

なのは1





・パッケージ
なのはパッケージ
パッケージはこんな感じ。いつも通りコンパクトですね。

・デフォルト
なのは2

なのは3
figmaよりは可動が増えているはずなのですが、実はfigmaよりポーズが取れない事とかもあって可動面ではうーん…。という感じですね。
スカートの可動にも期待したのですがスカート内に関節があるものの大きいポーズは出来ないですね。
この辺はスカートを分割して可動っていうのも無理だろうから、思い切ってスカート自体を差し替えるという方式のほうが良いような気も。

・ラウンドシールド
なのは5

なのは6
正面と横から撮ってみました。ラウンドシールド等空中のエフェクトパーツ用に支柱が付属します。
個体差なのかエフェクトパーツにヘコミがあってちょっと残念。

・ディバインバスター発射
なのは4
レイジングハートの光の翼って、アルター版とかfigmaには無いんですけど劇場版はどうでしたっけ?。後で見直しておきます。というかこの光の翼が付け難い上にポロポロ外れるので慣れるまでストレス貯まります。
3つパーツがありますが、似ているようで全て付ける位置が決まってますので説明書をよく読んだほうが良いです。
アクスタのスタンドって空中ポーズに弱いですけど、精密ドライバーで少し締め付けると短時間なら保持できるようになりますね。

・発射エフェクトパーツ
なのは7
ラウンドシールドと同じようにエフェクトパーツを付ければ発射シーンをより再現できます。
トリガー用持ち手が左手しか無いのですが、気にしないで右手の持ち手とか使えば反対側からの発射も再現できます。

・笑顔とユーノ
なのは8
笑顔パーツも付くのでせっかくなので可愛らしく。ユーノも一応可動はするのですが、殆ど動かないので付けられるポーズがかなり限定されちゃいます。首に可動があるんですけど首が動かないという…。

figmaと比較
なのは9
figmaと比較するとこんな感じです。付属の台座が大きすぎる場合figma用の台座もジョイントがちょっとユルイですけど一応使えます。
こうして見るとfigma版はこの顔があるのが大きいですし、パーツさえ気にしなければ扱い易くて良いんですよねぇ。
細かい造形とか塗りとかパーツの豊富さでは流石にactstaは素晴らしいですけど。actstaはfigmaのDX版みたいな位置づけなんでしょうか。

個人的には次のフェイトが楽しみです。figma版が色々残念な物だったので余計に期待しちゃいますね。



魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st actsta 高町なのは (1/8スケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st actsta 高町なのは (1/8スケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
(2011/02/11)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。