スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


RGエールストライクガンダム

久しぶりのガンプラ紹介ですね。プラモデル自体ホイホイさん以来かな?。
最近発売されたRG 1/144 エールストライクガンダムです。

一応RGシリーズは気に入ってるシリーズなので全て買っていますが、ちゃんと作ったのが今回のエールストライクだったので初お披露目になります。他のもキチンと仕上げて紹介したいですけどねぇ。

RGエールストライク1





RGエールストライク2
製作方法はスミ入れとクリアパーツをクリアブルーに塗装したぐらいです。最後に紹介しますがパチ組状態でも十分見れるのがRGの凄い所ですね。
RGの売りでリアリスティックデカールというメッキパーツのように表現できるシールが付属しています。結構好き嫌いあると思うシールだと思いますが、今回全部貼ったらどうなるか見たくて説明書の指示通りシールを全部貼ってみました。普段は細かい所は貼らない主義なんですけどね。これが相当疲れました…。

・ストライクガンダム
RGエールストライク3

RGエールストライク4
素のストライクにしてみるとこんな感じです。可動範囲が恐ろしく広いのですが、パーツもジョイントが丸見えになっちゃたりしやすいのでプロポーション的には微妙かな。
アーマーシュナイダーもちゃんと付属して、折りたたみや収納が出来ますが画像は省略してます。

RGエールストライク5
足の関節が恐ろしく広く立て膝どころか正座まで可能です。スカートもモモを上げても干渉し難いように設計されてるのでかなり自由なポーズが取れます。
ただ、可動範囲の為か関節が柔らかすぎて普通に直立させるのも難しいのでちょっと弄った方が良いかもですね。

RGエールストライク6
ビームサーベルのクリアパーツはちゃんと2本付属します。サーベルの柄は収納用と装備用に2種類あり、サーベルの柄のキャップ?を差し替えながら交換というちょっと面倒くさい仕様です。

・空中ポーズとか
RGエールストライク7

RGエールストライク8
アクションベースが無かったのでROBOT魂のベースで取り敢えず再現してみました。ROBOT魂のベースだとちょっとポーズが付け難いのでアクションベース2があったが方が良いと思います。

・パチ組状態
RGエールストライク9

RGエールストライク10
パチ組でも色分けはほぼ完璧に再現できます。ダクトの辺りの色分けとか1/144でこのパーツ分けは恐ろしい物すら感じますw。
細かいパーツが多いので初心者の方にはちょっと勧めづらいですが、ガンプラの進化をハッキリ感じる事ができるので興味がある方は是非チャレンジして欲しいキットですね。
難点としてはエールストライカーを背負うと自立が困難で結構イライラするので、アクションベース2を一緒に買うと良いと思います。

エールストライクはHGやMGも出来が良くて商品化に恵まれてますね。元のデザインが良いというのも大きいんでしょうね。



RG 1/144 GAT-X105 エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)RG 1/144 GAT-X105 エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
(2011/04/30)
バンダイ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。