スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コトブキヤ D-STYLE ゾイド デスザウラー

何気にゾイドの更新が3年以上振り?という事なのですが、HMMのキットは買ってますしトミー版も持ってますし自分の中では決してオワコンでは無いのですが、何だかんだ言ってゾイドを作ったのは3年以上振りには間違い無いようです…
じゃあ買ったHMMのキットはと言うと、ご想像の通り積んだままですw

今回紹介するのはコトブキヤのDスタイルのデスザウラー。
以前リンク先のA cat has nine lives.様で可愛いカッコイイ格闘戦を見せられてしまい買ってしまいました。

Dスタイル デスザウラー1

塗装箇所は少ないように見えて結構ありましたが、色数が少ないだけ以前のガオガイガーよりは楽でした。




・色々な角度から
Dスタイル デスザウラー2

Dスタイル デスザウラー4

Dスタイル デスザウラー3
横から見る分にはデフォルメ具合も良い感じだと思います。トミー版からして真正面から見ては駄目でしたからw
製作もいつも通り部分塗装にスミ入れですが、後ろの砲塔は1mmのピンパイスで穴を開けちょっとだけディティールアップしてます。
あと、仕上げは半光沢クリアーで仕上げています。ゾイドはいつも半光沢で仕上げますね。
メカ生体というのだからちょっとは生っぽい方が良いのかなぁと。

・荷電粒子砲発射!(大体合ってる)
Dスタイル デスザウラー5
可動は正直残念な感じで腕、足に関しては肩と拳、モモの付け根と足首が可動するだけです。
足首の可動も思ったより前に行かないので定番のポーズ以外はちょっと苦手ですね。
だけどなぜか頭部や尻尾の可動範囲が広くジェノザウラーの荷電粒子砲発射形態っぽいポーズが取れてしまうという。

・ストライクレーザークロー!(違
Dスタイル デスザウラー6
別売りのフライングベースを使えば空中ポーズを取らせる事も可能。画像で使ってるのはfigmaスタンドだったりしますが…
デスザウラーっぽくは無いですが、別売りのブレードライガーと絡める時は良いかもです。

・パチ組み状態
Dスタイル デスザウラー8
組むだけで大体のイメージ通りにはなりますし、組立ても非常に簡単なのでプラモ初心者の方でも問題無く組めると思います。

Dスタイル デスザウラー7
何か比較で無いかなと探したらネオブロックスのゴジュラスmk-2があったので並べてみました。
ネオブロックス版はデフォルメでは無く可動を重視した形になっているので、Dスタイルの極端にデフォルメしたプロポーションと比べると色々面白いんですよね。

プロポーションは良いだけに、可動がもう少し増えると良かったですね。値段もこれで2000円以上なのもちょっとキツイかな。
少し前のキットなのでこれからに期待という事で、マッドサンダーとかマッドサンダーとかマッドサンダーとかHMM化が難しいのを是非出して欲しいですね。ジェノザウラーorブレイカーでも良いですけど。



 

ZOIDS D-スタイル デスザウラー (ノンスケール プラスチックキット)
ZOIDS D-スタイル ブレードライガー (ノンスケール プラスチックキット)
ZOIDS D-スタイル ウルトラザウルス (ノンスケール プラスチックキット)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。