ROBOT魂 アルトロンガンダムで3枚

最近WガンダムがプラモやROBOT魂で熱かったりするのですが、今まで立体化と言えばEW版ばかりでTV版好きな自分にとっては不遇な日々が続いておりました。
大分前に発売されたハイコンプロ版は初期5機+トールギスとその後の展開に期待したのですが、残念ながらトールギスで終わってしまったのです。
ちなみにハイコンプロ(HCM-Pro)版はサイズは1/220とかなり小さいですが、エフェクトパーツが付いてたりして初期5機では今の所一番出来が良いんじゃないかと。ウイングもちゃんと完全変形しますしMG版より好きですね。

しかし求めてるのは初期ウイングなんかは割と立体化されているので正直後で良いんです。欲しいのはウイングゼロとかエピオンとかアルトロンとかデスサイズヘルとかをですね~。と思っていたら奇跡のTV版ウイングゼロ発売!。
続いて発表されたのが何と人気のシェンロン飛ばして、どっちかというと不人気な気がするアルトロンとバンダイ担当さんのWに対する愛を感じましたよ。

ROBOT魂 アルトロンガンダム1

レビューする気力が無いので適当に3枚ぐらいですが簡単に紹介しますね。






ROBOT魂 アルトロンガンダム2

ROBOT魂 アルトロンガンダム3
このシェンロンに取り敢えず色々付けて強そうにしました感が個人的には好きでした。アルトロンはEW版の方も好きなのでEW版もMGでも良いので発売して欲しいものです。

しかし見事な大河原プロポーションでここまでよく動かしたなぁというのが素直な感想ですね。
TV版を再現するにはやっぱりこのぐらいゴツゴツしてないと。変に足が長かったりするとTV版の立体化の意味が無いですから。足が長いのはEW版でやれば良い事なんですよ。

ダブルドラゴンハングは劇中をイメージさせる為の延長パーツも付属。EW版アルトロンとかとんでも無く伸びてましたからねw
唯一の不満点と言えば黄色が明る過ぎに感じるぐらいですかねぇ。設定をよく知らないので設定の色はこっちで合ってるのかも知れませんが、もう少し赤みがあった方が見栄えが良い気がします。

ウイングの展開ギミックや足の物凄い広い可動とか動かして本当に面白さが分かりますね。
デザインに好き嫌いがあるかもですけど、当時TV版Wが好きだった人には嫌いじゃなければ手にとって欲しいです。
多分アルトロンの立体化なんて次いつ見られるかという感じですからw
続いてROBOT魂は11月にサンドロック、12月にエピオンと続きますし、MGはトールギスも発表されたのでどこまで展開されるか楽しみですねぇ。EW版も好きなのでいずれは出して欲しいです。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック