スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カプセルQフロインライン よつばとしろとくろのどうぶつ レビュー

親が入院してしまいちょっと大変な最近です。今の所命に関わる病気ではないようなので安心していますが。

さて食玩ブームの頃に比べ今は大分展開が少なくなったようなコレクションフィギュアですが、最近食玩ブームの火付け元の海洋堂が再び展開に頑張っているようです。
海洋堂自体はブームが終わってもコレクションフィギュアは作り続けていたようですね。

今回紹介するのは「よつばと!」の絵本「よつばとしろとくろのどうぶつ」から立体化された作品になっています。
フィギュアを見てみると力が入ってるのはどちらかと言うと動物の方で、よつばと白黒動物のコラボみたいなビネットフィギュアですね。レンズを新しく購入したのでレンズ試用も兼ねて簡単に紹介したいと思います。

よつばとしろとくろのどうぶつ1

コメントは省略しちゃいますけどどうぞ~。






・ミナミコアリクイ
よつばとしろとくろのどうぶつ2

よつばとしろとくろのどうぶつ3

・アビシニアコロブス
よつばとしろとくろのどうぶつ4

よつばとしろとくろのどうぶつ5

・ホルスタイン
よつばとしろとくろのどうぶつ6

よつばとしろとくろのどうぶつ7

・ダルメシアン
よつばとしろとくろのどうぶつ12


よつばとしろとくろのどうぶつ9

・シャチ
よつばとしろとくろのどうぶつ10

よつばとしろとくろのどうぶつ11

全5種類でタイトル通りよつばと白黒色の動物の組み合わせとなっています。
シャチなんかはよつばがとても小さく造形されてるのでシャチの方がメインみたいな感じですね。動物の造形はさすが海洋堂というべきか徹底的にリアルで素晴らしいです。塗りも特に目立つ粗もなく綺麗ですね。

よつばメインで欲しい人は微妙かもしれませんけど、出来は素晴らしいので興味があれば是非入手して下さい。





関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。